前へ
次へ

血色をよくして疲労もリセットするなら温める白湯を

何となく疲れが取れない時や、肌の血色がイマイチすぐれない時には、身体の内側を温めてあげるのが1番良い方法です。慌てて高級エステに予約を入れていては、肌の調子が良くない時など頻繁に利用をすることになり、お財布が厳しくなってしまいます。でも体を内側から温めるケアをすると、意外と疲れは軽く取れるようになりますし、血行が良くないと思っていた肌には、桜色の血色のよさがよみがえるので不思議です。冷えやすいのは慢性的なものだからと、諦めてしまう必要はありません。飲み物を意識するだけでも、内側からのポカポカ効果はかなり違います。水分を出してしまう利尿作用のあるお茶やコーヒーは、1日の何回も飲むと体を温めるどころか逆効果を招きやすいです。飲むにしても1杯から多くても2杯程度、そのほかの水分摂取は白湯かもしくは常温のミネラルウォーターにします。血色を良くしたり疲れをリセットすることを意識するなら、白湯をこまめに飲むのが良い方法です。

Page Top