前へ
次へ

手ぬぐいで体や顔を洗ってみましょう

お風呂に入って体を洗うときに、ナイロンタオルでゴシゴシこすると肌を傷つけてしまいます。どうしてもナイロンタオルを使いたいなら、柔らかめのものを選びそっと洗うほうがよいでしょう。美容に気を遣っている人の中には、ボディソープを泡立てて手でそっと洗う、という人もいます。確かにそれがいちばん肌にはやさしいですが、物足りなさも感じてしまいます。そこで私は手ぬぐいを使っています。まずボディソープを泡立て、手で全身を洗います。そうすると古い角質や汚れが浮いてくるので、固く絞った手拭いでそっとぬぐっていきます。浮き出した角質がぼろぼろと落ちてきて、ソフトな垢すり感覚です。手ぬぐいの面でぬぐうので肌に負担もかからず、汚れはしっかりと吸着してくれます。顔も同様で、やさしく泡で洗浄したのちに、固く絞ったてぬぐいで鼻の脇や眉間などをやさしくぬぐいましょう。古い角質がぼろぼろと取れて、顔がワントーン明るくなります。

Page Top