前へ
次へ

レーザーや超音波など照射系の美容医療の効果

美容外科クリニックで行われている施術はメスや注射器を使うものばかりではありません。レーザー治療やサーマクールなど特殊なレーザー・超音波を使い、シワやたるみを軽減する美容医療も幅広く行われています。レーザー・超音波を使う美容医療は照射系と言われており、エステ感覚でシワやたるみを改善できるとして人気を集めています。照射系の治療は主に肌のコラーゲンを増やし、ハリ感や弾力性をアップすることでシワ・たるみを改善するという効果を発揮します。シワやたるみを招くのは肌のハリ感・弾力性不足です。コラーゲンは肌の奥から皮膚表面を、ふっくらと押し上げるような役割をしています。このコラーゲンが加齢や紫外線によるダメージなどで、変形したり生成量が少なくなると皮膚表面を支える力が弱まります。すると、皮膚が下へと落ちてしまい、たるみからシワへと繋がってしまうのです。照射系の美容医療は肌の新陳代謝を促しコラーゲンを生成するサポートをしたり、真皮層部分のコラーゲンにダメージを与えることで、コラーゲンの再生を促します。自分の肌のコラーゲンが増えることで、自然なアンチエイジング効果を得られるのが照射系の魅力です。

Page Top